MENU

MEDICAL GUIDE 診療案内

呼吸器・感染症・一般内科/膠原病科

呼吸器内科

気管支喘息(咳喘息含む)、慢性咳嗽(慢性的に続く咳)、肺がん(胸部CTによる早期診断と内服抗がん剤治療)、COPD(慢性閉塞性肺疾患;別名タバコ病)、間質性肺炎(別名肺線維症=肺が固くなる病気)、じん肺(アスベスト関連肺~胸膜疾患)、在宅酸素療法、非侵襲的在宅人工呼吸器(鼻や口マスクの簡単な人工呼吸器)療法など、呼吸器全般に渡って診療いたします。

感染症科・渡航外来

専用の診察室も配備し感染対策は万全です。
肺炎球菌やマイコプラズマなどの市中肺炎、肺結核、非結核性抗酸菌症(結核の仲間の細菌による肺炎)の専門的な診断と多剤抗菌剤療法や多剤抗菌剤療法、SARS-COV2(COVID19)、インフルエンザなどのウイルス性呼吸器感染症、梅毒、HIV、クラミジア、膀胱炎、腎盂腎炎などの性~尿路感染症、ノロウイルスによる胃腸炎、麻疹、風疹、帯状疱疹の診療をいたします。

渡航外来では感染症流行地へ渡航する際の感染予防としてのワクチン接種をおこないます。

一般内科・膠原病科

高血圧、糖尿病、高コレステロール血症(肥満)などの生活習慣病の診断と治療と、間質性肺炎に合併する関節リウマチ(通称リウマチ)や強皮症(皮膚が固くなり血行が悪くなる病気)、皮膚筋炎/多発性筋炎(皮膚や筋肉が炎症を起こす病気)、シェーグレン症候群(口や目が乾燥する病期)への診断とステロイドホルモンや免疫抑制剤による治療もおこないます。

在宅診療

通院が困難となった在宅酸素療法をしている患者さんのみ対応しております(要相談)。